So-net無料ブログ作成
舞台、コンサート ブログトップ
前の10件 | -

「王家の紋章@2017年版」舞台のDVD!観ました! [舞台、コンサート]

やだ~!もう、夜中になっちゃった。
ガマンできないから、届いてすぐ観ました。

やっぱり、いい!

原作、大好きだから・・・。
原作に忠実に作ってくれてるからいいわ~。

これ、話に入り込めないと、観ててもドン引きするのかも・・・。
だって、The 少女マンガな話ですから・・・。

はい、私、ロマンチックで夢見がちなイタいおばさんです。

キャロル@新妻聖子さん、歌はさすがに上手くて安定して観てられますけど・・・。
やっぱり、キャロルのイメージは宮澤佐江さんの方が近いかな。

・・・と、あくまでも主観です。

メンフィス@浦井健治君、やっぱかっこいい!!
観ていて私、ニヤニヤが止まらないんだもん。

映像で観ると細かい表情もよく分かって
あ、ここで、こんな顔してたんだ~!とか、新たに発見もあり。

イズミル王子@宮野真守君。う~ん、普通。
ってか、舞台だと駆け足なので、イズミル王子の魅力が半減しちゃう。

アイシス@濱田めぐみさん。すばらしい!
原作で大嫌いだったアイシス、濱田さんのおかげで・・・。
好きにはならないけど、こんな愛情も致し方ないって思うようになりました。
メンフィスに拒絶された後の歌、心に染みてきて、映像でも泣けた。

ミタムン王女@愛加あゆさん。立ち姿がきれいな方ですよね。
映像でちゃんと観ると、ホント、無残に焼け爛れてますけど・・・。
後半は、全くセリフもないのに、抜群の存在感です。

そして、なんと言っても、宰相イムホテップ@山口祐一郎さん。
この人、本当にすごい。
私の世代から言えば、この人こそ、メンフィスのイメージなのに・・・。
少し前までそんなイメージだったのに・・・。
イムホテップは、すっごいおじいちゃん。
でも・・・。原作のイメージ通りで驚きます。
震えた感じの歌い方とか、演技なんですよね・・・。すごいな~。

・・・てな感じで、一通り観たけど、全然おもしろい。
買っといて良かった。

予約販売の時は、ネットで注文できたものの、カード決済不可で
代引きオンリーで、どんだけアナログなんだろうと思ったけど・・・。

発売日過ぎたら、カードでも買えるサイトができてました。
もうちょっと待ってもよかったな・・・。





nice!(0)  コメント(0) 

「王家の紋章@2017年版」舞台のDVD! [舞台、コンサート]

悩んで悩んで、結局、買っちゃいました。

IMG_2253.JPG

メンフィスの手が大きく写っていて、萌える!かっこいい!

2016年版は東京まで、2017年版は大阪まで・・・。
公演は観に行ったんですけどね。

次回公演の話が、まだ出てこないので、もうやらないかもしれないし・・・。
原作ファンとしては、映像を手元に残しておきたくて・・・。

私が観た2回の公演のキャロル&イズミルは、どちらも宮澤佐江&平方元基コンビだったんです。
お二人のイメージがとてもよかったんだけど・・・。

せっかくなら、新妻聖子&宮野真守コンビも観てみたかったので・・・。
太陽の神バージョンを購入しました。

とりあえず観てみるかな・・・。




nice!(0)  コメント(0) 

舞台「レ・ミゼラブル」鑑賞! [舞台、コンサート]

日本公演30周年を迎えた「レ・ミゼラブル」
記念公演なので、すっごく久しぶりに行ってきました。

IMG_2082.JPG

私が人生で初めて観たミュージカルです。

最初は、全く興味もなくて・・・。

社会人1年目、たまたま職場で優待料金で観られると案内があったのに・・・。
誰も行かないと言うので・・・。

「結構な値引きなのに、もったいないな・・・。」
くらいの思いで行ってみたら・・・。

(思えば、当時から一匹狼だったな~。)

衝撃だった!大感激で、大号泣。
そして、ミュージカルが大好きになった!

初演か2年目くらいだったんじゃないかな。

ジャン・バルジャン@鹿賀丈史
ジャベール@滝田栄
エポニーヌ@島田歌穂
ファンテーヌ@岩崎宏美
コゼット@鈴木ほのか
マリウス@野口五郎

鹿賀丈史、めっちゃかっこよかったな~・。
島田歌穂さんや、鈴木ほのかさんは、当時、かなり話題になりましたよね。

ただ、野口五郎はかっこよかった?
私は、秀樹派だったので、野口五郎はいまいち。

でも、初めてのミュージカルを体験して
「何て、歌、上手いの!」って、感動で震えるような思いだったの覚えてる。

その次は、ずいぶん経ってから・・・。

ジャン・バルジャン@山口祐一郎
ジャベール@村井国男
エポニーヌ@本田美奈子
ファンテーヌ@岩崎宏美
コゼット@純名里沙
マリウス@?

今でも有名な人ばっかりだから、すらすら思い出せます。

村井国男さんのジャベールは、とても良かった!
今でも強烈に覚えてるし、イメージはぴったりでした。

それと・・・。

テナルディエ@斉藤晴彦
マダムテナルディエ@森久美子

この二人のペアは最強だったと思います。

その次に観に行った時は・・・。

ジャン・バルジャン@別所哲也
ジャベール@今拓哉
エポニーヌ@笹本玲奈
ファンテーヌ@マルシア
コゼット@知念里奈
マリウス@?

ここらあたりから、他にもいろいろミュージカルを観に行くようになって・・・。
レミゼ、もういいか~って思うようになって行ってませんでした。

何か暗いしね・・・なんて、思いもあったんですが・・・。

知らないうちに30周年?
(年とったはずだ・・・。)

これは、久々に行っておかないと!と、思い立って行ってきました。
(今日も、相変わらずの一匹狼。自分も30年経っても変わってないです。)

本日のキャスト。

ジャン・バルジャン@吉原光男
ジャベール@岸祐二
エポニーヌ@松原凛子
ファンテーヌ@知念里奈
コゼット@生田絵梨花
マリウス@海宝直人
テナルディエ@駒田一
マダム・テナルディエ@鈴木ほのか

吉原バルジャン、めちゃくちゃかっこいいよ~。
ジャベール役も観たかった!

そして、何より驚いた、マダム・テナルディエ@鈴木ほのかさん。
だって、コゼットやってた人ですよ!

あの透き通るような、無垢で真っ白なコゼットやってた人が、マダム・テナルディエ?
無理でしょう。森久美さんに勝てるわけないと思い込んでいましたが・・・。

すごかった!びっくりした!
鈴木ほのかさん、すごい人ですね。

コゼット@生田絵梨花さん、大丈夫なのかと思っていましたが・・・。
なかなか、かわいらしかったですね。

レ・ミゼラブルの中で唯一。
(小さい頃は不幸だったとしても)成長してからは、唯一。

無垢なままで、ドロドロの世界を知らず・・・。
世間知らずと言うか、浮世離れしていると言うか・・・。

ちょっぴり能天気な印象のコゼット。
演技なのか?素なのか?って思うくらい、かわいらしくてよかったです。

そして、全然、知らなかった人@マリウス@海宝君。
かっこよくてスマートで、マリウスのイメージ通りでした。

さて、久しぶりに観て・・・。
なんか年とったのか、親目線。

最後、ジャン・バルジャンが天に召される時、めっちゃ泣いたわ~。

コゼットをマリウスに託して、ようやく肩の荷が下りて・・・。

張り詰めて生きてきた人生に終わりを告げた時、
先に逝った仲間たちに迎えられて穏やかな旅立ちで・・・。

激動の人生でしたもんね。

カーテンコールは拍手が鳴り止まなくて、スタンディングオベーションで・・・。
やっぱり30年続くだけの舞台ですね。





nice!(0)  コメント(0) 

劇団四季「リトルマーメイド」鑑賞! [舞台、コンサート]

またまた、行ってきました。

FullSizeRender (10).jpg

義弟の嫁さんに「連れて行って!」と言われたので・・・。
彼女は、初の舞台観劇、そしてもちろん初ミュージカル!

「急に歌になったらついていけるかな・・・?」と心配していましたが・・・。
こればっかりは、その人の好みなので、何とも言えませんでしたが・・・。

終わってみたら・・・。
「すごい良かった!音楽がぐんぐん入ってきた!」と・・・。

喜んでくれてよかったです。

さて、今日のキャストは・・・。

FullSizeRender (11).jpg

アリエル@谷原さん、透き通るようなきれいな歌声で・・・。
子供みたいに無邪気でかわいらしくて、良かったです。

エリック@玉木さん、やぱりステキ!

アースラ@鈴木さん、初めてかな?
すごく良かった。迫力あってチャーミングで・・・。
アースラって、悪役なんだけど、どこか憎めないのよね。

やっぱりリトルマーメイド、いいわ~!

何が?って・・・?元気になれるもん。
ハッピーな気分で満たされて、笑顔いっぱいで会場を後にできるから・・・。

観てよかった!また、観たい!って・・・。
何度でも思える作品です。

そして、今日は・・・。

いつも、ケチケチでグッズは買わない人ですが・・・。
たまたま、昨日、壊れちゃったので・・・。

アリエルのシャーペン 650円。

IMG_1992.JPG

買っちゃった。






nice!(0)  コメント(0) 

レクサス東海12周年記念音楽祭。 [舞台、コンサート]

夫がレクサスオーナーで、時々、イベントの案内をくれます。
東海市の芸術劇場で、音楽祭があると言うので行ってきました。

てか、2回目だそうで・・・。初めて教えてもらったわ。
案内とかすぐ捨てちゃう人なのよね・・・。

さて、音楽祭は・・・。
ショートミュージカル「THE FANTASY」

元宝塚娘役トップの紫城るいさんと3人の役者さんと・・・。
ピアノ演奏の方、5人で・・・。

オリジナルの分りやすいお話に絡めて、ディズニーの名曲を聴かせてくれます。

Be our guest(美女と野獣)
A whole new world(アラジン)
Under The Sea(リトルマーメイド)
Let It Go(アナと雪の女王)
哀れな人々(リトルマーメイド)
愛せぬならば(美女と野獣)
星に願いを(ピノキオ)
Beauty and the Beast(美女と野獣)
輝く未来(塔の上のラプンツェル)
Be our guest(美女と野獣)

たぶん、こんなセットリストでした。

紫城さん演じるおりく(陸のお姫様)と・・・。
海の王子@マリン、空の王子@スカイの恋のお話。

一人あぶれてしまった王子のもとには宇宙のお姫様(?)がやってくる
・・・という、なかなか笑えるお話でした。

レ・ミゼラブルにも出演されている役者さんたちだそうで、とってもお上手で引き込まれました。
大好きな「愛せぬならば」なんて、もう泣きそうでした。

とっても楽しめました。




nice!(0)  コメント(0) 

舞台「RENT」鑑賞! [舞台、コンサート]

今日、行ってきました。

IMG_1394.jpg

今年は、気になった舞台はとりあえず観る事にしているので・・・。
予習もなしで、お値打ちA席での鑑賞です。

入場前に、ちょっといつもより客層が(気持ち)若い気がしたんです。
ちょっぴり雰囲気が違うな~なんて・・・。

そして、舞台が始まると・・・。
う~ん、分かりにくい。

どんな舞台でも、初見でも大体ストーリーとか分かるけど・・・。
これは、すごくわかりにくい。

でも、結構なお客さんたちが、手拍子とか慣れている感じでノリノリだったので
リピーターが多いのかな。

ブロードウエーで数々の賞を受賞しロングラン公演で
日本でも4回も上演されたとの事。

映画化もされたそうで、ちゃんと理解すれば感動なのかも・・・。

ほとんどセリフではなく歌で進んで行くんですが
言葉が多くて、一生懸命聞かないと聞き取れなかったり・・・。
(4階席だったからかもですが・・・。)

何だろう・・・。年取ったのかな・・・。
すぐ、この言葉で片付けがちですが・・・。

家賃も払えず、電気は隣りのビルから引っ張ってきたボロいビルに住んでいて・・・。
出てくる仲間が同性愛者だったり、HIV感染者だったり・・・。

なかなか入り込めない設定の話だったので、置いてけぼりな感じ。

1年は経過している話なんだけど、淡々と進んでいってる感じで・・・。
う~ん。

ただ、生バンドで歌う歌は、とても力強くて・・・。
迫力満点でした。

ただ、入って来なかったんです。私には・・・。

話の中で二人の仲間に死が訪れましたが・・・。
ラスト、ミミは息を吹き返しました。何で・・・?

やっぱりわかんない。

精一杯、理解してみようと考えて・・・。

「人は一人では生きられない。」って事と・・・。
「日々を精一杯、行きよう!」って事?かな。








nice!(1)  コメント(0) 

音楽劇「魔都夜曲」鑑賞! [舞台、コンサート]

最近、刈谷市総合文化センターに続けて行ってますが・・・。
せっかく近所のホールで舞台やってるのに観ないともったいな~って思いだけで行ってます。

今日は、「魔都夜曲」

IMG_1379.jpg

音楽劇ってミュージカルとどう違うんだろう・・・?って初心者ですみません。
なるほど、音楽劇ってこういう事なのね。

お芝居の中にちゃんと音楽が入り込んでいて・・・。
ミュージカルみたいにセリフを歌ったりするわけではなくて
芝居の中に歌うシーンや演奏するシーンがある感じ。

でも、時々、お遊びみたいに歌うシーンがあったり、
ミュージカルみたいに全員で歌い上げる曲もあったり・・・。

すっごく楽しくて退屈しないです。

ジャズバンドが生演奏でかっこよかったし
バンドメンバーも、お芝居の中でバンドメンバーとして参加してて・・・。

アドリブもあったりして、なかなかおもしろかったです。

さて、物語は1939年の上海。
歴史は得意でもないので、李香蘭って名前を知ってるくらい。

日本の元総理大臣の御曹司@清隆@藤木直人さん。
雰囲気が役柄にとっても合っていて違和感なかったですね。

たまたま知り合った中国人の兄妹@(マイコ、小西遼生さん)と友人になり・・・。
妹と恋に落ちるものの・・・。

身分が違う二人が結ばれるのは難しい。

それよりも実はこの二人、スパイだった・・・。
戦争を終わらせる手段のため、始めから計算で近づいてきていた。

そして、兄妹と言うのはウソで、男女の関係だった。

2幕は怒涛の展開で、頭では理解できるけど気持ちがついていかない。
あっという間に終わった感じです。

ラストはハッピーエンド?なの?

戦争を終わらせるために、中国の大御所と会う事になるが
日本の憲兵が黙っていないので・・・。

クラブの仲間たちが全員で大芝居をうって、清隆とホンファを逃がしてくれて・・・。
何とか船には乗れたけど、その先は二人で頑張りなさい!みたいな・・・?

ホンファと名前忘れたが兄と言ってた男、
少し前まで男と女の関係って言ってたのに、すぐ清隆と惹かれあったの?

清隆、それを知っても全然、大丈夫なんだ?
兄と言っていた男@小西君、いいの?二人を行かせて、納得なんだ?

とか・・・、気持ちがついていかん。
そこら辺の理解ができないから、ラストはう~ん?って感じでした。

でも、全体を通しては、とにかく音楽がすごくステキで
ちゃんとみんなが歌ってるけど、物語の中で違和感なくて・・・。

村井國夫さんと春風ひとみさんなんて、さすがに歌う理由ある?
・・・って思ったけど、ちゃんとうまい事つながってたわ。

そして、この二人のデュエット、すごくステキだったし・・・。

私のイチオシ@小西遼生さん。
相変わらずかっこ良かったです。きれいなお顔です。

そして、とにかくかっこよかった壮一帆さん。
もう、ファンじゃなくても惚れるよね。

男装の麗人って、本当の男以上に麗しくてかっこいい!
歩き方も喋り方も、さすが!

スーツ姿、ステキ!軍服もステキ!
そしたら、最後はチャイナドレス!きれい~って見とれちゃった。

話の内容はオトナな感じで、いまいち感情移入できなかったけど
全体を通しては、とっても楽しくて見応え(聴き応え?)ある舞台でした。

演者さんたち、とっても仲良しに感じましたし・・・。

開演時間前からバンドメンバーの演奏があって、
出演者から直接、携帯の電源切ってね~など開演前の注意あり・・・。
オマケに歌ってくれたり・・・。

普段、観ている舞台とは一味も二味も違う
なかなか、楽しい舞台でした。


nice!(0)  コメント(0) 

舞台「デストラップ」鑑賞! [舞台、コンサート]

今日、行ってきました。

IMG_1346.jpg

正直、どうしても観たかった訳でもなく・・・。
はっしー出てるしチケットが取れるわけないと思い込んでいましたが・・・。

先だって、別の舞台で劇場を訪れた時、まだ完売じゃないとの事だったので
急きょ、行ってみる事にしました。

2階席後ろから2列目のB席を購入したんですが、今日、行ってみたら
2階席は閉鎖との事でS席(1階23列目センターというなかなかの良席)に交換してもらえました。

1階席の後方3列くらいは空席で、ちょっと寂しい入りでした。

友人から、昨日、急きょ参戦との連絡があり・・・。
電話で押さえておいたというチケットの受取に着いて行ったら・・・。

なんと、藤原紀香さんが立っておられました。
後援会の受付も同じ場所にあったので挨拶されてたようです。

テレビで拝見するより、ずっときれいで背が高くて細かったです。

さて、デストラップ!
なかなか、おもしろい舞台でした。

観てる最中はずっと・・・。よく分からなくて・・・。
デストラップという舞台を観ているのか、劇中劇を観させられているのか・・・?

どんでん返しにつぐどんでん返し・・・と予習はしていましたが・・・。

1幕ではラストに大きなどんでん返し。
そこに行き着くまでが長かったので、
休憩に入るタイミングで「おぉ!おもしろくなってきた!」って感じでした。

2幕に入ると、めまぐるしくひっくり返るので・・・。
スピード間もあって、あっという間でした。

この話、ほぼ愛之助さんとはっしーの二人芝居みたいな感じで・・・。
この二人(+1幕の妻も含めての)部分だけだと、結構スリリングで・・・。
殺人の場面もあり、重い話になっちゃうんだけど・・・。

佐藤仁美さんと、坂田聡さんが・・・。
とにかくおかしくて、アドリブ満載で・・・。

勇者ヨシヒコで言う「仏」みたいな・・・。
翻訳&演出は福田雄一さんとの事で納得。

めっちゃ笑った!

愛之助さんとはっしーもアドリブあるんだけどね。
このお二方が自由過ぎて、他の方のアドリブなんてたいした事ない。

もう、坂田さんなんて、「出番ここだけで、あとは楽屋で暇だから下がりたくない。」とかで・・・。
最後、端に体操座りで、「はい、居ないと思って話進めて!」とか・・・。

おかしかった~。

名古屋弁の「とっきんとっきん」がお気に入りみたいでした。
あと、「ケッタマシーン」も・・・。

話の方は、結局、二人で書いた戯曲の通りの結末を迎え
二人とも死んじゃって終わり・・・。

かと思いきや、
佐藤さんと坂田さんのオチがあって、笑って終わり。

ゆるくて笑える部分があるから、
スリリングで手に汗握る展開も見応えあって・・・。

なかなか、おもしろい舞台でした。
もっとたくさんの人に、是非オススメしたい舞台です。

はっしー君、特にファンでもないんですが・・・。

なんかぼーっとしてるイメージだったけど、ちゃんとお芝居していて
イメージが変わりました。

愛之助さんに、「アクションすごいんでしょ?」と振られて・・・。
「いや、僕は得意じゃないんで・・・。一昨日の城ホールのコンサートで
 4人は凄かったです!」なんて答えて、笑いを誘ってました。

あ、この会話も舞台中のアドリブで・・・。
とにかく自由で、生のお芝居を観るからこその楽しさがとても感じられる舞台でした。

観に行って良かったです。


朗読劇「夏の雲は忘れない」鑑賞! [舞台、コンサート]

近所のホールで上演されていたので・・・。
せっかくなので行ってきました。

IMG_1333.jpg

ヒロシマ、ナガサキの体験記の朗読です。

映画とかで観たりはするものの、もう私たちも戦争を知らない世代です。
悲惨な体験を見聞きしても・・・。あくまでも想像の範囲であって・・・。

この悲惨な出来事を、老若男女、その時代に生きていた誰もが体験したのかと思うと・・・。
想像を絶します。

やっぱり戦争なんてあってはならないんだ!と、強く思い・・・。
こういう機会を通して、後世に伝えていかなければならない出来事なんだ!と・・・。
思いました。



舞台「キス・ミー・ケイト」鑑賞! [舞台、コンサート]

今日、行ってきました。

IMG_1294.jpg

家から近い劇場での公演だったのと・・・。
映画演劇文化協会とかの事業?とかで、お値打ちな公演だったので・・・。

S席5000円ってありえなくないですか?
この出演者で・・!

一路真輝さん、最近では「ガラスの仮面」での月影先生。
もう立ち姿からオーラが違ってて感激したものです。

今回の役は、結構な金切り声もあり・・・。
これまでのイメージとは全く違う、まさにじゃじゃ馬な役柄でしたが・・・。

やり切ってると言うか、振り切ってると言うか・・・。
さすがでした。

ただ、この役って何歳の設定なんだろう・・・?

おもしろいからいいんですけど、おじさん、おばさんの恋の話って
そんなにトキメキはないんですよね・・・。

松平健さん、ミュージカルでは始めて拝見です。
歌がお上手とか言う前に、やっぱり存在感が凄いですね。

このお二人からはすごく余裕を感じました。

コメディ・ミュージカルという事で・・・。
普段、観るミュージカルとは毛色が違ってて・・・。

舞台のプロデューサー&主演&演出もろもろの男と
その舞台のヒロインで元妻の女性とのお話。

元妻は、まだ未練があるようなのに、男は若い女優に言い寄っていて・・・。
若い女性に送ったメッセージ付きの花束が、手違いで元妻に届いてしまい・・・。

元妻は喜んだものの、メッセージカードを見れば間違いに気付いてしまう。
なんとか読む前に、舞台の幕が上がったと思ったら、途中で読んでしまい・・・。

舞台はシェイクスピアの「じゃじゃ馬ならし」
この劇中劇と舞台裏とを行ったり来たりしながら、ドタバタの話は進んで行きます。

テンポも良くて、行ったり来たりもうまい事つながっているので
おかしかったです。

2幕最初は、ちょっと間延びした感じでつまんなかったけど・・・。

シェイクスピアの話だから仕方ないとは思うけど・・・。

妻とはこうあるべきだ!夫をたたえるべきだ!みたいな発言とか
ムチで言う事を聞かせるとかの描写は、なんかちょっと違和感。

ただ、ラスト、元妻が思い直して帰ってきて・・・。
しおらしく舞台に参加して、男はやれやれ助かった!・・・と思ったら・・・。

見られないように、彼女はピースサインをしていて・・・。
しおらしいフリをして、実は彼女の方が上を行っているのよ~と思える終わり方だったので・・・。

女としてはスッキリした!

カーテンコールは、演者さんがそれぞれ、役柄の歌を歌って挨拶して
楽しいエンディングでした。

客電がついても拍手が鳴り止まなくて・・・。
最後にまた、カーテンコールがありました。

楽しいミュージカルでした。




前の10件 | - 舞台、コンサート ブログトップ